こうげんどう 口コミ

こうげんどう(江原道)のファンデーション使ってみました

こうげんどう(江原道)のファンデーションを実際に試してみました。口コミ・使用感想などを紹介しています。購入時の参考にしてくださいね。

こうげんどう(江原道)のファンデーション

江原道(こうげんどう)は、ある女優さんが綺麗な肌を取り戻すためにが自分で作り上げ、楽屋においた基礎化粧品が始まりなんだそうです。

そして、撮影時にも肌疲れせず肌をキレイに見せるファンデーションを作りました。

江原道(こうげんどう) お試しセット

どんな環境でも肌本来の美しさを演出するスキンケアを元に考えたファンデーションです。

映画「火花」、「恋妻家宮本」、「君と100回目の恋」、「エルネスト」などでもタイアップしているファンデーションです。

女優さんにも信頼されているほどの、肌を綺麗に見せるファンデなんです。

管理人(miyavi)自身も、江原道のファンデーションは愛用中です。

使っているのは、マイファンスィー モイスチャーファンデーションです。

これは、何本もリピートしているものです。

使い始めた頃は、あまり飛び抜けた良さは感じませんでしたが、年齢とともに自分にフィットするようになってきました。

肌になじんで、すごく自然なのに、セミマットの綺麗な肌に見える。

自然だけど、品がある感じです。

さらに、落とした後の肌は、あきらかにほかのファンデとは違います。

毎日使っていると、顔の印象まで変わってきます。

肌に疲れを残さないファンデーションだと感じます。

こうげんどうのグロスフィルムファンデーションのお試しセットを買ってみました。

江原道のファンデに出会ったのは10年ほど前。

当時はそれほどファンデを必要としていませんでした。

ですが、もともと江原道のことは知っていたので、ファンデにも興味があったんです。

当時は、クリームタイプのファンデーションが主力で、薄い色から濃い色へのグラデーションのファンデを組み合わせ、混ぜたりすることで、自分にぴったりの色を作ることもできるというような色展開でした。

当時使ってみたときは、それほどほかのものとの差を感じなかったのですが、お化粧を落とした後、肌がイキイキしている感じがすごいと思いました。

今回は、使いやすそうなパウダーファンデーションのお試しセットが出たということだったので、注文してみました。

江原道(こうげんどう) お試しセット

内容は・・・

  • グロス フィルム ファンデーション 113(標準色)/約20回分
  • メイクアップ カラーベース パールホワイト/約20回分
  • モイスチャー ファンデーション 013(標準色)/1回分 012(色白タイプ)/1回分
  • ファンデーション カラーチャート

 

・・・以上のセットで、980円です。送料無料なので、気軽に注文できました♪

 

江原道(こうげんどう) お試しセット

江原道のイメージカラーといえば、黒と赤の組み合わせです。

化粧品のケースにも赤と黒が採用されていることが多いです。

セットの中には、次回8,000円以上購入すると使える割引券も入っていました。

こうげんどうのハイビジョンベースメイク 中身は?

江原道(こうげんどう) お試しセット

メインは、今回新発売された「グロスフィルムファンデーション」。

それから、メイクアップカラーベースのパールホワイトです。

パールホワイトのベースは、以前のお試しセットにもついていたようです。

江原道では人気ナンバーワンのベースです。

江原道(こうげんどう) お試しセット

グロスフィルムファンデーションは、しっとりした質感のパウダーファンデーション。

サンプルとして色は113番(平均的な肌色)が入っています。

 

江原道(こうげんどう) お試しセット

江原道(こうげんどう) お試しセット

かなり白っぽいベースです。

江原道(こうげんどう) お試しセット

手に伸ばしても、若干白めになります。

時間が経つとなじむのですが、すぐにファンデを塗っていくと、能面のように見えるので注意が必要です(^-^

少し時間を置いて、白っぽさがなくなってからファンデを塗りましょう。

これが苦手・・・という方は、お好きなベースと合わせたほうが良いかもです。

江原道(こうげんどう) お試しセット

今回のお試しセットには、モイスチャーファンデーションもちゃんと入っています。

色は、標準色の013とピンクオークルトーンの012です。

クリームタイプのファンデで、マットめに仕上がる、保湿力の高いファンデーション。

私はやっぱりこちらのほうが好き。

1回分ずつ入っていますが、それ以上使えます。

こちらが肌に合うという方もいらっしゃると思うのでぜひ使ってみましょう。

 

江原道(こうげんどう) お試しセット

これはファンデの色をチェックすることができるカラーチャートです。

肌の上に置いて、どの色がぴったりくるか見ることができる便利なシート。

 

こうげんどうのグロスフィルムファンデーションの実力は?(試してみた使用前・使用後)

江原道(こうげんどう) お試しセット

こちらは使用前、すっぴんの肌になります。

シミや色むらなどが目立ちます。

江原道(こうげんどう) お試しセット

グロスフィルムファンデーションの113番を塗って比べてみました。

ふわっと塗っていくと、肌が均一な色に。でも自然です。

シミの濃い部分は、少しずつ重ねづけしていくと、目立たなくなります。

今回は透明のベースを塗って、コンシーラーなども使っていないので、パウダーファンデだけでこの仕上がり。

しかも、普通のスポンジでさっと塗っただけなので、ベースにかかった時間は数分。

このやっつけ感で、この仕上がりなら、誰も文句ないと思います。

しかも、ナチュラルな感じはしっかりと残ってますよね。

パウダーファンデなので、目元などにあまりたっぷり塗ると、厚塗りっぽくなってしまうので、あくまで動きの多い部分は薄くします。

塗り過ぎたら、何もついてないスポンジで撫でるように余分なファンデをオフします。

表面はサラッとした使用感ですが、乾燥はしません。

ですが、私はホウレイ線の部分がなぜか異様に乾燥しますが、ここはやっぱりモイスチャーファンデーションの方がしっとりと仕上がります。

 

こうげんどうのグロスフィルムファンデーションの特徴

まず一番の特徴が、マイカ・酸化チタン・酸化鉄・ジメチコン・ハイドロゲンジメチコンを組み合わせた、多機能な「グロスフィルムパウダー」が配合されているというところ。

このグロスフィルムパウダーの機能

  1. 高密着
  2. 白浮き防止
  3. W撥水コーティング
  4. 艶膜
  5. 肌色補正

また、タルク、アルミナ・シリカ、シリカ、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマーによる、3つの光効果を持つパウダーが毛穴や色ムラなどをカバーして、肌に明るさや艶を与えます。

気になるエイジングケア成分なんですが、水分不足や紫外線などにによる乾燥から肌を守る成分を贅沢に配合しているんです。

ホホバ種子油、オリーブ由来のスクワラン、シア脂、シソ種子油、加水分解シルク、加水分解酵母エキス、加水分解ヒアルロン酸の天然保湿成分が配合されています。

この他、スイゼンジノリ多糖体(ヒアルロン酸の5倍以上の保水力を持つ保湿成分)、サクシノイルアテロコラーゲン(水分保持力の高いコラーゲン)、ポリグルタミン酸(肌表面に膜を作り、抱え込んだ水分の蒸発を防ぐ成分)が新配合されています。

また、香料・合成色素・石油系鉱物油・紫外線吸収剤・パラベンは使っていません

 

江原道(こうげんどう)のグロスフィルムファンデーションの使い方

江原道(こうげんどう) お試しセット

グロスフィルムファンデーションの正式な使い方は、

スポンジに適量のファンデーションを取り、顔の中心から外側へスポンジを軽やかにスライドさせて均一になじませる。

というように使います。

正直、テクニックなどは特に不要ですが、ふわっとした質感なので、スポンジに取ったら、軽いタッチで肌にのせていきます。

グイグイと塗りつけなくても、軽く置いていくような感じでOK。

粉っぽく感じたら、スポンジの何もついていない部分で余分なファンデを払います。

それで十分肌に密着します。

ナチュラルな仕上がりなので、ほかのファンデなら、いつも使っているコンシーラーなどをシミに使うところですが、このファンデはカバー力が高いので、それも要りません。

もっと肌色補正力のある化粧下地を使えば、もっとカバーできそうです。

グロスフィルムファンデーションの良い点 ポイントをまとめると

  • パウダーファンデの中でもカバー力が高い
  • ベースメイクのテクニックは不要
  • パウダーファンデにしては肌が乾燥しにくい
  • 表面はサラサラとしていて化粧崩れはしにくい
保湿力 カバー力 ナチュラル感 崩れにくさ 肌への優しさ
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★★

 

>>江原道(こうげんどう お試しセットはこちら<<

 

 

モイスチャーファンデーションの口コミはこちら【画像あり】